スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ワークショップの作り方
<3段階に分けた多摩川リバーミュージアムw.s.のレシピ
大・多摩川

WS作り方模造紙
  *play staffは、以下を参考にグループに分かれてw.s.を企画、実施する
1. 導入w.s.font>
・ 参加者の背景を知る
 (川で遊んだことがあるか? 生き物を採ったことがあるか?)
・ 参加者がテーマを身近に感じる
(人間は川の近くで生きてきた事を知る)
2. 深めるw.s.
・ 意味を知る(なぜ生き物が多摩川に生息しているのか?)
・ しくみを知る(食物連鎖
3. 成果づくりw.s.
・ 第三者に伝えるためのモデル(多摩川絵地図)を完成させる
・ 多摩川リバーミュージアム
 (学芸員として解説する・咀嚼して話せる)

スポンサーサイト
【2007/08/13 10:23】 | ミニたちかわ2007 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<子どもの「学び」のワークショップを増やします | ホーム | ワークショップのスキルを学ぼう>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://minitachikawa.blog108.fc2.com/tb.php/23-aa7cf4a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。